新入社員について

 某電機メーカでの新入社員の自殺が報道されている。自殺の原因は、仕事上の人間関係らしい。確かに、苦手な上司や同僚が隣の席であれば、常にストレスを感じるし、日々苦悩が堆積してくる。特に新入社員のような立場では、上司に向かって面と向かって言うのは難しいだろう。目をつけられて、評価が下がったり、仕事の助力を得られなくなるというのは、新人にとっては致命的に感じるだろう。

 会社で働いていく中で、「仕事ができない」というのは高いストレスとなる。上からの叱責、自信喪失などマイナスな方向に一直線となる。多少物言いが強い人であっても、仕事ができる場合問題になることは少ないと感じる。仕事ができるというのは会社で生きていく上でこの上ないアドバンテージであるのは確かだ。とはいうものの、すべての人間が仕事ができるわけではない。職種が自分にあっていない時は特にそうだ。(本当に優秀な人は、大抵の環境に適応できるのだろうが...)

 今の世のでは、働くことが生きている時間の大半を占めているので、仕事でのストレスはより大きくなる。ストレスが多くなるにつれて思考は鈍り、自分の視野も狭くなってしまう。このような状態になると、仕事に行くのが強烈なストレスとなり体調も悪くなる。毎日朝が苦しくなり、今すぐにでも楽になりたいという気持ちが強くなる。会社を辞めるという選択肢をとるにも、辞めるまでに会社でやらなければならないこと(上司へ伝えることなど)、会社を辞めた後の生活(金の問題)、辞めた場合の家族への対応を考えると億劫になるというか、その先も苦しいなという気持ちになる。こんな思考になってしまえば、自ら命を絶つという選択にもなってしまうのだろう。

 働く人との関係、周囲の目、世間の考えなどに無意識のうちに自分が縛られて身動きがとれなくなって苦しんでいる人もいるだろう。働かざるもの食うべからずなどの諺もあるが、今働くことを主軸に置くのは苦しみが増える一方になる気がする。少なくとも少子化により国内人口が減り、高齢者の割合も急増する世の中で、国内の経済は冷え込む一方だろう。そんな世の中で給料は頭打ちになるだろうし、労働環境も良くはならないだろう。今の方策だと、70歳まで働く、みんなで貧しくなろうというメッセージしか感じられない。働くことで得られるメリットはますます少なくなるのに、そこに自分の軸足を持っていくのは得策ではない。別にガンガン働く人は働けばいいが、ガンガン働けない人間はその人間なりの戦略を持って生きていかないと、更に苦しくなっていくだけだろう。

 とは言うものの生きていくためには金が必要だ(ある程度)。金がなくとも生きていく方法はあるだろうけど、自分の欲を考えるとある程度は必要だ。となると会社員として働く必要がある。けど働くのはつらい。どうするか?多少元気がある時は、転職もいいし、副業について考えて行動してみるのがいい。少しずつ会社から自由になるのが今後も必要な気がする。元気が無いときはどうするか?会社を休むしかない。休まずに会社に行って心や体を壊したくない。仕事の進捗や上司の評価など色々考えるだろうが、それでも休むべきだと思う。評価が下がり、給料は増えないかもしれない、下がるかもしれない。それでも一線を越えるよりずっといい。休んで自分が楽しい、良いと感じることをしたい。些細なことでいい、人に言う必要はない。自分が楽しければいい。異性にもてずとも、称賛されずとも、自分が満足することを優先したい。

 世の中の大多数の人が得る幸せを自分自身は得られないのかもしれない。でもそれは本当にほしいのだろうか?本当はたいして欲しくないものを得ようと苦しむよりも、本当にほしいものを得ていきたい。そのためには、何かを犠牲にするのかもしれないが、自分自身は犠牲にしないよう自戒したい。

 死んでしまっては、どうしようもない。

広告を非表示にする

憂鬱な月曜日

起床:胃の違和感がある、いつものことなのでお茶を飲みベッドに横になりながら収まるのを待つ。仕事のことが浮かんできて憂鬱。

 

本当の起床:朝食を食べたいが胃の調子が微妙。しょうがないので冷蔵庫の中のものを適当につまむ。

 

支度:シェーバで髭をそる。気分の悪い日は髭も剃れないので今日はマシだ。鏡を見ると目が死んでいる。会社に行きたくない気持ちが募る。憂鬱だ。

 

玄関:玄関を開ける。部屋から出てしまうと多少諦めがつく。考えたら動けなくなるので、無心で出る。

 

駅まで:駅までトボトボと歩く。途中で救急車の音が遠くから聞こえた。自分も救急車で運ばれて会社休みてーなと思う。一ヶ月ぐらい入院したい。

 

電車待ち:電車が来るまでボーッとする。おっさんばっかりだ。

 

電車内:周りは死んだ目をしたおっさんばかり。60近くぽい人もいる、そんな年まで働きたくない。働きたくない。会社に行きたくない。スマホで時間をつぶす。最寄り駅に着かないでくれと思うが、当然到着する。

 

最寄り駅:職場で見た顔を駅でちらちら見かけ気分が落ち込む。会社の前につくと憂鬱もピークで、歩くスピードが遅くなる。(気分が悪いときは、立ち止まってしまうので今日は調子はマシだ)

 

会社到着:まずはトイレに直行。個室に入り、用を足す。深呼吸をしながら心を落ち着ける。ここで落ち着かないと後あとがつらい。

 

居室到着:部屋に入り自分の席に向かう、同僚が目に入り気分が沈む。「おはようございます」と最低限の声量で挨拶。あー、仕事したくない。PCが起動するまでの間、飲み物を飲み心を落ち着ける。始業するなと心の中で祈る。

 

始業後:思い出したくない。今日の特徴として人の言葉が頭に入りにくかった。例えば、「荷物よろしく」と言われた場合、音は入ってくるが意味が理解するのに時間がかかる。「ニモツヨロシク」→「荷物ヨロシク」→「荷物よろしく」といった風に英語を日本語に翻訳している気分だ。こんな状態なのでレスポンスも遅くなる。こんな状態で仕事をしなきゃならんのかと鬱鬱しながら仕事、仕事、仕事。日々つまらん、メールも見たくない。帰りたい気持ちばかりが募る。

 

帰宅後:アルコールを接種しながらブログを書く。自分の中でドロドロした怒りが募っている。色々投げ出したい。働きたくない。憂鬱だ。眠い。

広告を非表示にする

仕事疲れた

明日行けば夏休みだ。。

課題は山積みだけど。。

明日いきたくね~

疲れた、疲れた、疲れた

夏休みに入って体力回復したい

つまらん、やってられん

広告を非表示にする

仕事いきたくねー

仕事行きたくない

くっそめんどい、早く今年終われ

部署移動したい

やってらんねー

広告を非表示にする

週5日も働きたくない

週5日も働きたくない

週休3日いや4日制にしてくれ

60になるまで働きたくない

働き方改革ってなんだ?

生産性向上?必死にやっとるわ

仕事がつまらん

職場の空気が悪い

将来性がない

つまらん

やってられっか

ふざけんな

新国立競技場での過労死

また起きてしまった。報道されていないだけで他にも過労死はあるのだろうが、ひどい世の中だ。23歳だし、部署移動して数ヶ月だし、人はたやすく死んでしまう。工事の納期や利益などが優先され人は死ぬ。世の中全体の空気が悪い。そりゃ、衰退していくわ。これが資本主義の行きつく先なのだろうか。あーあー、こういうニュースをみるたびに、仕事のやるきが削がれていく。金がほしい。働きたくない。色々面倒だ。くだらない。

タカタ破綻

リコールの話が出てから時間がたっている印象。

世の中の会社のどれほどが同じようなリスクを持っているのだろうか。モノを作るということは必然的にこういったリスクを含む。しかし、世の中は安く、もっと安くという方向は止まらない。製造業が割に合わない世の中になっている。

タカタは多分他の企業が買収するのだろう。国が金を出すか?たぶん無さそう。中国の資本に買われそうである。だいぶ買い叩かれそうである。自動車には必須であるから、ほしいところは多い気が...

世の中、良い話題が無い。オリンピックも近いのに景気もぬるいし。オリンピック後は悲惨なことになりそうだ、景気が。あー、いやだいやだ。

広告を非表示にする