ストレスマネジメント

70才まで会社で働くようになる日本社会で、元気に働いていくにはストレスの管理が重要だ。

そもそも、人生のほとんどの時間は仕事に費やすので仕事のストレスを管理していくことが必須だ。

ストレスを減らして生きていきたい

秋葉原駅の不審物

先日の秋葉原駅での不審物騒ぎ、ニュースによると爆発物でなく小さなゴミ箱の蓋を開閉するものだったらしい。(今のところ)

爆発物でなく一安心。でもまあ、設置した人は何を考えてやったんだろうか。ただの悪戯だろうか。

これが小説やドラマの世界だったら、何かのフラグで、こういう事態が起きたときの動きを見るための実験とか、同時に他のことをやるためのカモフラージュとかだろう。

最近は世の中の情勢も微妙だし、リスクは十分あるだろう。

今回は悪戯だけど、いつ起きるか分からんね。

天災は忘れた頃にやってくるらしいし。

広告を非表示にする

回避する気持ち

子供の頃過去の経験により傷ついた

傷ついたことにより「傷つく」ことを恐れるようになる

傷つくことを避けるための思考や行動のクセが生まれる

傷つくことを避けてきたことで、傷つくことに対する耐性がつかない

大きなストレスで傷ついたときに、耐性がないため大きなダメージを負ってしまう

 

・傷つくことを避ける思考

 

・完璧主義

・二分法的思考

・対立や争いを好まない(強い感情を避ける)

・人との関わりを自分から求めない

・心配性で、ネガティブな点を考え、不安が強い

・他人の評価に敏感(批判や批評を恐れる)

・自己評価が低い

・消極的(失敗し恥をかきたくない、傷つくのが怖い)

・他人を恐れる

広告を非表示にする

ストレスマネジメント

 

精神的な面

次善の策を準備する

不安と不満を切り分ける

自分の習慣を見直す

思考のクセを確認する

 

 

肉体的な面

食事をしっかり食べる。(肉、野菜、卵、魚、雑穀などなど)

しっかり睡眠をとる(8時間はとりたい)

体のコリをほぐすストレッチ。(特に、首のコリ、肩のコリ、目の疲れ)

定期的な運動(ランニング 1h程度)

筋トレ(腕立、腹筋)

雑記(2017/04/21)

ストレスがあると心臓がドクドクする

定期的にストレスを解消し、リラックスする

広告を非表示にする

雑記(2017/04/19)

不安の感情は最も活動しやすい

不安の原因は何か?(過去、現在、未来)

環境が変わると習慣も変わる

広告を非表示にする

生産性向上はもう限界だ

働く時間は減ったが

 近年、労働時間は減っている。ただ、個人の感想として精神的には疲労がたまってる。

 労働時間が減ったからといって仕事の総量が減っているわけではない。仕事の効率を上げることで何とか仕事をこなしている。限られた時間の中で同じ成果を出さなけれならず仕事中はいつも追われている。追われながら仕事を終えても、残業時間が減っているため収入としては減っている。仕事で精神をすり減らして削った時間は、残業代抑制となっているだけのように感じる。

 世の中の流れとして働き方改革イコール生産性向上となってしまうのが不安である。生産性向上の場合、ほとんどその負荷は労働者に還ってくる。会社が無理なく生産性を上げる方策が無いまま、残業時間の制限を実施するのは良くない結果を起こす。こういったルールは全従業員一律に行われるであろうし、元々ギリギリでこなしていた人は無理である。無理な場合どうやって仕事をこなすのか。労働時間が管理されている場合、開始時間と終了時間は変えられない。そうなると、まず休憩時間も仕事をするようになるだろう。休憩時間であれば、管理も難しいだろうし最も行いやすい。

 あとは仕事を断る必要がある。自分のタスク分しかやらなくなる。断った仕事はどこへ行くのか、おそらく順々に下に行き若手に行くのだろう。若手は雑務が増えて本業にかける時間が減り仕事を覚えるスピードが遅くなる。

 上記以外にも色々と弊害はあるだろうが、まあ世の中全体として数年は持つだろうが、会社としてはいびつな構造になっていくだろう。いびつな組織では、人口が減っていく日本企業はやっていけないだろう。これからはフィリピンなど他の国がさらに発展し日本は衰退していくだろう。衰退していく中で企業はどうするかというと、まあ人件費を減らす方向に向かうだろう。そう遠くない未来はホワイトカラーの残業代が無くなるだろう。まあ、しばらくしたら給料は成果を出した分だけもらうものだ、という世論になってみなし残業代コミコミの給料になるだろう。そのときの残業代は、いびつながらもやりくりして減らした残業時間が元になり、時間あたりの給料は減っていくだろう。

つまり

 今、推進している働き方改革は逆に労働者の首を絞める可能性があること。自分たち労働者の実質的な給料は減り、さらに国内の景気は低迷しそうな予感がする。

 ルールを守ろうとすると弊害が出てくる、人間は不完全なのだから厳密なルールの中では生きにくい。

自分はどうするか

 減った給料の中でやりくりするよう生活を変えるしかない。仕事のストレスを減らすようメンタルに気を使う。衰退していく日本の中で、まあ自分なりに楽しくやっていくしかないな。適度な無責任さのスタイルでいこう。